お知らせ

ソーラーフロンティア、住宅用太陽光発電の無料設置モデルでTEPCOと協働

更新时间:2018-07-11 浏览次数:186

ソーラーフロンティア、住宅用太陽光発電の無料設置モデルでTEPCOと協働



ソーラーフロンティア(東京都港区)と東京電力グループのTEPCOホームテック(東京都墨田区)は、実質初期費用ゼロで住宅の屋根に太陽光発電設備が搭載できる設置モデル「ソーラーエネカリ」の販売で協働を開始した。

「ソーラーエネカリ」は、TEPCOホームテックが、太陽光発電と省エネ機器を組み合わせた戦略商品として位置づけ展開しているもの。その具体的な商品ラインナップの一つとして、ソーラーフロンティアは7月よりCIS薄膜太陽電池を納入する。

「ソーラーエネカリ」は、太陽光で発電した電気を自家消費することで電気料金を削減して、その削減した電気料金相当分を用いてエネカリの利用料を支払うモデル。月々の利用料は、電気料金とセットにして引き落とされる。その結果、住宅オーナーは、実質初期費用ゼロで太陽光発電システムを整備することができる。一定期間の利用契約が満了した時点で、太陽光発電設備は顧客に原則無償で譲渡される。

期待される太陽光発電の無料設置モデル

ソーラーフロンティアは、国内の住宅市場への販売に注力しており、固定価格買取制度(FIT制度)の買取単価が下がるなか、住宅オーナーへの自家消費提案を強化している。同社は、東京電力グループのTEPCOホームテックとの協働は、CIS薄膜太陽電池の販売拡大につながると期待を寄せ、無料設置モデルの普及に貢献していく考えだ。

ハウスメーカーやパワービルダー(建売住宅業者)にとっては、同サービスのような無料設置モデルは、太陽光発電システムの設置費用を住宅ローンの計算枠から切り離し、太陽光発電設備が設置された付加価値が高い住宅としてオーナーに提案できるというメリットがある。

ソーラーフロンティアでは、これまでに横浜市とも同じモデルでのサービスを展開してきた。また、フィット(東京都渋谷区)シェアリングエネルギー(東京都品川区)NTTスマイルエナジー(大阪市中央区)日本エコシステム(東京都港区)LIXIL TEPCOスマートパートナーズ(東京都江東区)ハウステンボス(長崎県佐世保市)なども同様の無料設置モデルを展開している。


二次元コード

ホットライン

+86-592-7208868

著作権所有 SoEasy(厦門)設備科技有限公司は Copyright?2016 SoEasy Inc All Rights Reserved.