お知らせ

Q&A

更新时间:2016-07-03 浏览次数:54

Q:電気を売買する方法について教えてください。

A計量器(電力量計)が発電した電力をチェックして、自動的に行われます。電力会社に売った電気の代金は、契約者の口座に振込まれます。なお、電力会社に売った電力は、お客様の地域で消費されます。

Q:太陽光発電システムを行うために特別な資格が必要ですか?

A電気の接続部分に関しては、第一種電気工事士または第二種電気工事士の資格が必要となります。

Q:ソーラーパネルの単結晶と多結晶の違いは何ですか?

A金属シリコンを溶かし、不燃物を除去し冷やして固めたものが結晶シリコンです。固める方法により、1つの大きな結晶からなる「単結晶」と多数の小さな結晶からなる「多結晶」に分かれます。単結晶の方はセルが小さく?高価となり、多結晶の方はセルが大きく?安価となります。産業用ではセル(ソーラーパネル)の大きさはそれ程重要ではないので、コストの安い多結晶タイプをお勧めします。

Q:系統連系とは何ですか?

A一般に電力会社の配電線網のことを「系統」と言います。その系統に発電設備などを繋ぐことを「系統連系」と言います。例えば家庭用の太陽光発電システムの場合、パワコンの出力電力が家庭内の住宅用分電盤に接続され、電力会社の配電線網と繋がります。これを「系統連系」と呼んでいます。       

Q:系統連系までの流れを教えてください。

Aまず、経済産業省へ設備認定を申請して頂きます。認定後(約2週間)、電力会社へ電力受給(約2ヶ月)を申請致します。契約締結後、電力会社へ工事負担金を支払い、支払い後、現場での工事完了を待って系統連系完了となります。

Q:kW(キロワット)とkWh(キロワットアワー)の違いは何ですか?

A「kW」とは瞬時の発電電力を示し、「kWh」とは1時間あたりの発電電力量もしくは、ある時間帯で1日等の消費または発電電力の時間積算値を示します。例えば10kW発電を5時間続けた場合、10×5=50kWhの発電電力量となります。水道で例えると「kW」は蛇口から水が出る勢いとなり、「kWh」はその勢いのまま水を1時間出し続けた時の総量となります。

Q:パワコンって何ですか?

A直流電力を交流電力に変換する装置です。一般に家庭、事務所、工場などでは交流電源を利用していますが、ソーラーパネルあるいは蓄電池からの出力は直流です。その為、ソーラーパネルで発電した電力や蓄電池からの電力を利用するためには、直流から交流に変換する必要があります。 

Q:今、なぜ太陽光発電システムの普及が必要とされているのでしょうか?

A"主に次の要因が挙げられます。

*火力発電による地球環境への影響(地球温暖化現象)が問題になり、代替エネルギーの早急な確立が求められます。

*水力発電(ダム)建設には地理的条件、膨大な費用、月日が必要で自然への影響も大きい事から問題になっています。

*原子力発電は一般的に割安といわれていますが処理の問題、周辺の影響などから躊躇されています。

*太陽光発電では、最も電力消費が多い真夏の昼間の電力需要を緩和するピークカット効果が期待できるため、電力会社は発電所を増設する事なくより多くの電力需要に対応できます。" 

Q:ソーラーパネルにはどんな種類がありますか?

Aシリコン系、化合物系、有機系とあり、シリコン系が主流です。シリコン系は結晶シリコン(単結晶?多結晶)、アモルファスシリコン(微結晶)と細分されますが、各メーカーでそれぞれのメリットを生かして組合せたソーラーパネルが開発されています。

Q:逆潮流って何ですか?

A通常、電気は電力会社から家庭や太陽光発電所に送られます。売電をするということは、電力がこの反対方向に流れます。この逆方向に流れることを逆潮流と言います。

Q:JETって何ですか?

A電気製品の安全性などを検査し、認証を行っている機関です。正式名称は財団法人 電気安全環境研究所(Japan Electrical safety & Environment Technology laboratories)で、英語を略してJETと呼んでいます。ソーラーパネルの認証(JETPVm認証)やパワコンなどの認証を行っています。

Q:太陽光発電システムの保証期間を教えてください。

A:ソーラーパネルの場合は25年間定額出力保証と10年間品質保証が付きます。また、架台製品は10年間の品質保証です。

Q:設置工事はお願いできますか?またお願いした場合の工期を教えてください。

A:日本現地提携施工会社があり、設置工事もご希望の場合ご紹介させていただきます。規模により費用と施工時間が異なりますので、先方にお問い合わせください。                  

Q:設置工事の内容は何ですか?

A:架台&ソーラーパネル、パワコン、売電メーター、ケーブル、分電盤などの設置工事が含まれます。                  

Q:架台の固定方法を教えてください。

A:地中にスクリュー杭を打ち込むか、コンクリート置き基礎を製作するか、お客様の予算と現場地盤状況による次第です。それにより風速42mに耐えれるようになっております。                 

Q:屋根にも設置できますか?

A:屋根(陸屋根、折板屋根、瓦屋根)対応架台及び支持金具を取り扱っています。野立て架台を屋根案件に活用することも可能で、現場詳細設置状況に応じて最適なソリューションをご提案させていただきます。                  

Q:農地へ設置できますか?

A:農地転用許可が必要となります。25年度4月に農林水産省が、営農を前提とした上で、一時転用許可を出すことにより、農地への設置を認めるという指針を出しました。ただし、設置の可否については最終的には農業委員会が判断する事になっておりますので、必ず最寄の農業委員会へお問い合わせください。                  

Q:設置する上で何か手続きは必要ですか?

A:構成電力が50kWh(キロワット時)未満であれば届出は要りません。50kW以上の場合は、第3種電気主任技術者の届出が所轄する産業保安監督部(=経済産業省)に必要となります。                 

Q:納期はどのくらいですか?

A:ソーラーパネルの場合は通常ご注文後生産発注致しますので約2ヶ月で納入となります。架台の場合は約1ヶ月で現場納品可能です。当然、在庫がある時、即座に工場出荷手配可能ですので、ご注文時にお知らせ致します。                  

Q:設置スペースを教えてください。

A:地上型の多結晶10kw当たり約100㎡です。                

Q:設置方位と傾斜角度を教えてください。また、方位、傾斜角により発電量はどの程度変化しますか?

A:設置方位は真南向、傾斜角度20~30°が最適です。(20°と30°の発電量の差は約1~2%程度です)真南、真西向きに設置しても真南に比べ結晶系ソーラーパネルでは約15%程度の発電量低下となりますが、十分に使用できる方位です。

Q:設置後のメンテナンスは必要ですか?

A:ソーラーパネルの表面に薄くホコリなどが積もることがありますが、通常は雨水で洗い流されます。ただし、ソーラーパネルの表面に固着してしまった鳥の糞などは、取り除くことが望ましいです。また、架台のネジの締め具合やゆるみ等のチェックも必要です。                  

Q:気温が高いと発電しにくいのですか?

A:一般的なソーラーパネル(シリコン結晶系など)は気温が高くなると発電量が少なくなる性質を持っています。例えば、表面温度が25℃から78K(-195℃)になると約1.7倍向上します。-195℃とは非現実的ですが、表面温度が低いほど発電効率が良いと言えるでしょう。また逆に、25℃から80℃(真夏の屋根はこれ位になります)になると約2割低下します。

Q:故障した時の修理方法を教えてください。

A:万が一、ソーラーパネルが故障するなどの場合、そのパネルが属する1系統だけ発電が停止します。故障したパネルのみ交換すれば正常に復帰します。                 

Q:商品の寿命はどれくらいですか?

A:ソーラーパネルの寿命は平均して30年以上です。パワコンは設計寿命15年、その他機器?架台?配線等は設備寿命20年です。                 

Q:曇り、雨、雪の日は発電しますか?

A:曇りや雨の日でも、太陽光の強さに応じて発電します。人間の目には太陽光が降り注いでいないと思う日でも、ソーラーパネルはちゃんと太陽光を感知しています。ただし、夜間は完全に太陽光がなくなるので発電はしません。また雪がパネルに積もり、ソーラーパネルの表面をふさいでいるときは発電できません。                 

Q:ゴミやほこりなどによる発電量の影響はありますか?

A:砂埃等が付けば発電量3~5%程度ダウンすることもありますが、雨風で洗い流されるとほぼ元の能力に回復します。一般の住宅地区では塵などの汚れは降雨で流されるので、掃除の必要は殆どありません。また、木の葉や鳥の糞などが、部分的に付着しても発電量が大きく損なわれることはありません。平均的な都市部で汚れによる出力低下はおよそ5%以下です。                 

Q:ソーラーパネルの交換はできますか?

A:交換できます。もし、飛来物等によってソーラーパネルが破損した場合、その系統は発電しなくなります。復旧させる場合は破損したパネルだけ交換すれば元通り発電するようになります。

Q:結晶系ソーラーパネルの寿命を教えてください。

A:設置場所、条件によって異なりますが、一般的に表面がガラスで保護されているソーラーパネル(結晶系スーパーストレート製法)では平均して20年以上です。※国内で実際に使用されている20数年前のもので、発電量の低下は3~4%です。

Q:ソーラーパネルが葉っぱなどでさえぎられるとどうなりますか?

A:落ち葉や電柱等の影になった部分で抵抗が大きくなり、ソーラーパネル自体の臨時発電電力が大きく低下することがあります。これを防ぐために、ソーラーパネルには抵抗となる部分を迂回して電気を流れやすくし、出力低下と発熱を抑えるためのバイパスダイオードが内蔵されています。                 

Q:変換効率とは何ですか?

A:変換効率とは、決められた環境で1㎡のソーラーパネルに太陽光が照射した時に電気に変換される割合となります。変換効率が高いソーラーパネルでは、ソーラーパネルの面積を小さくしても発電能力を高く維持することが出来ます。これは家庭の屋根に設置する場合には非常に大事な要素となりますが、遊休地を使用する産業用の場合はソーラーパネルの面積は優先度としてそれ程高くありません。

Q:太陽光発電システムで補助金はもらえますか?

A:野立て発電所は住宅太陽光発電んとは異なり、住補助金の対象にはなっておりません。また各地の自治体で個別に補助を行っているケースもございますので、詳細は自治体までお問い合わせください。      

Q:税金はかかりますか?

A:固定資産税がかかります。詳しくは、最寄の税務署にお尋ねください。屋根への設置形状が、「屋根材一体型」のソーラーパネルを使用しますと、家の一部とみなされますので固定資産税の評価対象になります。評価額はお住まいの市町村でご確認ください。 

Q:電力会社への引込費用はいくらでしょうか?

A:お客様の土地の状況によって異なりますので、電力会社へお問い合わせください。

Q:見積もりをお願いすることはできますか?

A:設計システム総出力を問わずご提案可能ですので、何時でもお気軽にお問い合わせください。

 Q:メーカー(中国側)から直接製品を仕入れることができますか?

A:中国側で日本語対応スタップが付きますので対応可能です。直接取引の場合、製品保証及びアフタサービスなどは中国方面よりご対応させていただきます。日本側販売代理店経由する場合、先方より対応することとします。

 Q:取引条件はどうなっていますか?

A:FOB(Free on Board、本船渡条件)、CFR(Cost and Freight、運賃込条件)、CIF(Cost, Insurance and Freight、運賃保険料込条件) 、お客様の都合によってご選択ください。

 Q:支払い条件はどうなっていますか?

A:弊社基本支払い条件は、ご注文後5営業日以内に総金額50%の前払い、出港後5営業日以内50%残金支払いとします。 


二次元コード

ホットライン

+86-592-7208868

著作権所有 SoEasy(厦門)設備科技有限公司は Copyright?2016 SoEasy Inc All Rights Reserved.